スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

リニューアル

 このたびサイトデザインをリニューアルしました。

Bump 藤原基央君の星

少し寒さが緩んで・・・ほっとします。

来月はいよいよ立春!

ここんとこ・・・メール鑑定の原稿書きは・・・

立春以降、1年がどういう年になるでしょうか、というご依頼・・・

日頃から、周囲の方々との違いから漠然と感じられるご自身の器、というか役割を・・・というご依頼など。

ときには、その方の過去、現在、未来の干支世界に浸りきってしまって、圧倒されることも。


今日は、家事にも精を出して、リフレッシュを・・・と思いながら・・・

家族が出払った土曜の午前、娘に借りたBUMPの新しいアルバムを、

改めて、歌詞を熟読しながら、たっぷりと聴いてました。

さらっと1回、聴いたときはあまり感じないことも、歌詞を読みながらメロディを追うと好きになる、というのがいつものパターンなので。

で、このアルバムもなかなかいいですね。



1979年の4月生まれの方にはある特徴がありまして・・・

年干支は「己未」
月干支は「戊辰」

これって共に、専気の土性干支。

己土と戊土、未土と辰土、燥土と湿土のバランスがよく、いろいろな五行を内臓しながら、ぬくもりもある暖土。

豊かさを内臓した強い土性をバックに、時柱と日柱に現れる五行干支との関係で、人生が織り成されます。

このケース、数人の方の星を拝見したことがありますが、大変、興味深かったです。

BUMP OF CHICKENの藤原君も、この月のお生まれで、日柱は「己酉」

日干も己土の土性、日支は酉の金性。

時柱は不明ですが、三柱には土性が占領、日支に金性1個ですから、時柱干支によって土→金の食神、傷官、「表現者」という形が崩れることはないでしょう。


大運初旬は「丁卯」

卯酉は対冲で、この時期、酉金は破されます。

13歳から「丙寅」で、「酉金」復活。

寅木が三柱の旺土を疏土、表現の星「酉金」が動き始めます。

幼稚園時代の友人同士が中学校で再会、中3の文化祭でバンドを組んだのがスタートということですから、納得です。

お仲間の星も、今度、ぜひチェックしてみたいな・・・

この方にとって、表現の星は「酉」←「CHICKEN」ですよね・・・

こんな気づきがあったりして・・・

イェ〜イェ〜ッ、オッオー!でした(笑)




☆川上未映子さんにフォーカス

朝から冷たい雨でしたが、上がったようです。

昨日いただきましたメールより・・・


話は変わりますが・・・ブログで久々に
『話題の人物の星』シリーズですね。
いつも拝見していて、ヒトサマの事ながら
いろいろと気づきがあって興味深いです。
そうそう豆腐サラダ試してみました♪
ドレッシング絶品です!○○にも
大好評でした。


ありがとうございます。

話題の人物・・・は、以前はよく取り上げさせていただいていましたが、近頃はちょっと、

時柱を無視しては難しいのと、興味本意にすぎるようで・・・

でも、このように感じていただけるのは・・・感激です。


で、

今後は、その方の三柱と大運を照らし合わせ、事象に沿って感じ取られる変化の時期、秀気、きっかけなどにフォーカスしてお伝えすることにいたします。

それではまず・・・今日は、

先日、芥川賞を受賞されました川上さんの星にフォーカス!

文筆歌手という異色の作家で、先日、A新聞のインタビュー記事を読みました。

若年期にお父様の事情で苦しい生活を強いられながら、単独、人生を切り拓いて来られた経歴を持たれるのですね。

恵まれすぎてるんじゃないかと言いたくなるような子供さんも多い昨今、

ホント、お見事!

おめでとうございます!

その辺りがどのように星に顕れているか、がフォーカス部分です。



というわけで、生年月日を調べさせていただいたのですが、実は最初、見間違えて数日違う干支を出してしまって・・・

????なんで?っていうくらい、若年期から恵まれ、名誉運バッチリ!

なるほど、って、とにかく、そんなものかな・・・と、でも、

やはり納得いかず、改めて調べ直しましたところ、日付の間違いに気づきました。

で、改めまして・・・


申月のお生まれで、実にしっかりとした強さを持つ申金は日主の癸水を生じています。

金→水、頭の切れ味がよいです。

申金に強められた日主「癸水」と、月干と年干にある財星「丙火」との対抗がどうか、に着目。

27歳までは、大運の木火が強力で、財星丙火が日主を圧倒している気配。

こういう状況は、若年期の父運、経済状態に問題が生じやすく、

28歳以降、大運に火源の木星が姿を消し、水火にバランスが(時柱が参考にしたい←本音)。

この辺りに、ステージの切り替わりが感じられました。

まだ、この方の作品は読んでませんが、歌詞や小説も読んでみようかな・・・。

SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Profile
sponsored links
Links
Other
Sponsored Link